星野再審ニュース 203号出ました。

 星野文昭さんから今月の絵ー
「面会の笑顔いっぱいの暁子」
 
(最近の星野さんの絵は、これまでより
コントラストがあり、濃いように
思え、ちから強さを感じます)

袴田さん再審開始決定での
秋山賢三さん
(袴田再審弁護団。全証拠開示
大運動第7回学習会講師)
のコメント

 今日の再審決定は本当に良かった。
一日で静岡の裁判所と東京拘置所へ
行ったが、お姉さんの秀子さんはと
ても嬉しそうだったし、弁護団も若
い人が増え生き生きと活動していた。
裁判官がきちんと事件に向き合い、
「仕事」をすればこのようになるの
だとつくづく思う。何よりも酷い裁
判で48年間も袴田さんの自由を奪
った事実を皆が考えないといけない。
そして、物の考え方や信条の違いを
乗り越え、人の人権を守るために一
つの力になることが求められている
ように想う。
[PR]
by kenagena38 | 2014-04-12 15:12 | Comments(0)
<< 労働者民衆の「集団的自衛権」は... 「いのちより支配」の社会 >>