渋谷暴動のリーダー、星野の解放のための妻の数十年の闘い…①

ジャパン・タイムズの記事を翻訳していただきました。

(絵解き)社会的焦点になっている裁判ーー9月、星野暁子(左から2人目)
と支持者たちが徳島刑務所前で星野文昭の釈放を求めてデモした。1971年に東
京であった暴動での警官殺害について、最高裁は上告を棄却し、1987年、星野
は四国の徳島刑務所に移送された。(写真は星野再審全国連絡会提供)

渋谷暴動のリーダー、星野の解放のための妻の数十年の闘い

支持者たちは1971年の殺人事件の隠蔽された全証拠の開示と再審を
求めている
アンドリュー・ウイリアムズ
2013年11月18日
[PR]
by kenagena38 | 2013-11-27 14:59 | Comments(2)
Commented by kenagena38 at 2013-12-04 04:10
いわゆる「海賊」対策と言われるが、戦前、中国に対しては「匪賊」とかよんでいたのでは、、「匪賊」の意味…よくわかってませんが……。
Commented by kenagena38 at 2013-12-06 10:06
(何度も召集された)父親が戦争中のことを、言っていたが、中国の広東方面に行っていて、中国語がわかっていて、中国の民衆は、日本の兵隊を、「東洋鬼」トンヤンキーが来た。と呼んでいたとのこと。
<< ジャパン・タイムズの翻訳…星Q... 携帯が変わりました。 >>