<   2012年 12月 ( 24 )   > この月の画像一覧

ユーカリの木

e0246120_11262194.jpg

[PR]
by kenagena38 | 2012-12-31 11:26 | Comments(0)

新社会実現の年に…… 星野文昭

星野文昭さんの新年メッセージです。

   新社会実現の年に   星野文昭

今日の大恐慌、3・11情勢のもと、野田、安倍、石原、橋下をはじめとした資本主義・帝国主義が、改憲・戦争、大増税・非正規・原発の暗黒しか労働者人民に強いられなくなっているのは、既に全面的に命脈が尽きているということだ。
今年を、確信をもって労働者人民の団結した力でそれらの攻撃もろとも彼らを打倒し、労働者人民が主人公となる新社会を実現する歴史的な年にしよう。
そして今、1%の資本家が命より金もうけの新自由主義によって、もはや99%の労働者人民を生きさせることができなくなることによって、生産を担い社会を動かしている労働者、99%が団結し立ちあがり、資本からすべてを奪い返すことによって人間本来の共同社会を取り戻す、人類史的チャンスを手にしている。
60・70年闘争によって、スターリン主義・社会民主主義・体制内のクビキから自らを解き放ち、労働者人民の力で世の中を変える闘いが歴史的に登場した。
このことへのあらゆる反革命、星野無期を粉砕することと一つに、今日の、労働者人民の団結した力で労働者人民が主人公の新社会を実現する闘いを発展させ、勝利しよう。
私たちのこの闘いの中に、団結の中に、人間として生きる誇りがあり、自らの自己解放=人間解放の力を獲得し、解き放ち、人間的未来を手にする道がある。
その深い確信をもち、どこまでも信頼し合い、学び合い、力を合わせ、誰もが人間らしく喜びをもって生きられる社会をともに実現しよう。

(71年11・14沖縄返還協定批准阻止・渋谷暴動闘争戦士。
デッチあげ殺人罪で87年に「無期懲役」判決が確定。
獄中から無実を訴え、96年に再審請求。
今年3月に第2次再審請求が棄却、異議申立中。
徳島刑務所在監、獄中38年。
66歳)
[PR]
by kenagena38 | 2012-12-30 00:11 | Comments(0)

「世界は小さき者に導かれる」

NHK Eテレ
2012/12/29
こころの時代( 再)牧師・東海林勤さん

徐兄弟の救援運動などが語られている。
[PR]
by kenagena38 | 2012-12-29 13:42 | Comments(0)

セミが卵を生み付けてる?

e0246120_11402271.jpg

たぶんそうだと思うが、何時生まれて土にもぐるんだろう?
[PR]
by kenagena38 | 2012-12-29 11:40 | Comments(0)

星野さんに年賀状を出そう!

遅れましたが、星Qメールを転送します。
事務局の金山克巳です。
今年もあと1週間になりました。
全国から、星野文昭さんに年賀状を送ってください。
徳島刑務所に届く1枚、1枚が、星野さんを守り、取り戻す力になります。

念のために、住所を記しておきます。
〒779−3133
徳島市 入田町 大久 200−1
星野文昭様
[PR]
by kenagena38 | 2012-12-29 08:15 | Comments(0)

追跡 中国山地の米軍機低空飛行訓練

e0246120_12283557.jpg

毎日新聞
2012/12/27(木)
おおさか発ブラスα

経験せねば分からぬ異様さ
[PR]
by kenagena38 | 2012-12-27 12:28 | Comments(0)

全証拠開示大運動で星野さんを取り戻そう

e0246120_902344.jpg

国際連帯と階級的労働運動を
「国際労働運動」
2013年2月号
「星野文昭さんは無実だ」総特集
Krが見た背広上下は「きつね」色
星野さんの背広上着は「薄青」色
[PR]
by kenagena38 | 2012-12-25 09:00 | Comments(0)

岡山星野文昭さんを救う会/12・20/学習会・街宣

e0246120_1123255.jpg

学習会は、
13:30〜14:30に、
3人で、「証拠開示と公正裁判」を観て、
星野再審ニュースを読み合わせ。
岡山駅前街宣は、15:00〜16:00に
4人で、リーフをまきと署名。
寒い中、私でよければと署名に協力してくれる人。

百万人署名の街宣は16:00~17:00で
6名が参加。
寒い中、お疲れさまでした。
[PR]
by kenagena38 | 2012-12-21 11:02 | Comments(0)

小林一男さんへ

小林一男さんへ
小林一男さんと、もっと話したかった。
そうしたら事故に会うこともなかったかもしれない。
小林一男さんは、読んだんだろうか。

地震の後には戦争がやってくる。
軍隊を持ちたい政治家がTVででかいことを言い始めてる。
国民をバカにして戦争にかりたてる。自分は安全なところで偉そうにしてるだけ。
阪神大震災から5年。俺は大阪の水浸しになった部屋で目が覚めた。
TVをつけると5カ所ほどから火の手がのぼっていた。
「これはすぐに消えるだろう」と思ってまた眠った。6時間後に目が覚めると神戸の街は火の海と化していた。
この国は何をやってるんだ。復興資金は大手ゼネコンに流れ、神戸の土建屋は自己破産を申請する。これが日本だ。私の国だ。
とっくの昔に死んだ有名だった映画スターの兄ですと言って返り咲いた政治家。弟はドラムを叩くシーンで僕はロックン・ロールじゃありませんと自白している。政治家は反米主義に拍車がかかりもう後戻りできゃしない。そのうち、リズム&ブルースもロックも禁止されるだろう。
政治家はみんな防衛庁が大好きらしい。人を助けるとか世界を平和にするとか言って実は軍隊を動かして世界を征服したい。
おれはまるで共産党員みたいだな。普通にロックをやってきただけなんだけど。
そうだよ、売れない音楽をずっとやってきたんだ。
何を学ぼうと思ったわけじゃない。好きな音楽をやっているだけだ。それを何かに利用しようなんて思わない。
せこい奴らとはちがう。民衆をだまして、民衆を利用していったい何になりたいんだ。
予算はどーなってるんだ。予算をどう使うかっていうのはいったい誰が決めてるんだ。
10万円のために人を殺す奴もいれば、10兆円とか100兆円とかを動かしてる奴もいるんだ。
一体この国は何だ。俺が生まれて育ったこの国のことだ。
どーだろう、この国の憲法第9条はまるでジョン・レノンの考え方みたいじゃないか?
戦争を放棄して世界の平和のためにがんばるって言ってるんだぜ。
俺たちはジョン・レノンみたいじゃないか。
戦争はやめよう。平和に生きよう。そしてみんな平等に暮らそう。
きっと幸せになれるよ。
忌野清志郎

12/15夜、高円寺に駆けつけた音楽評論家の湯川れいこさんが読み上げた忌野清志郎さんの手紙の一節から
[PR]
by kenagena38 | 2012-12-18 19:31 | Comments(0)

全証拠開示を求める特別決議

沖縄闘争をたたかい獄中38年、
星野文昭さんを取り戻すために

全証拠開示を求める特別決議

星野文昭さんは、38年間にわたって無実を訴え続け、再審開始を求めています。
やってもいない「殺人罪」で無期懲役の判決を受け、現在、徳島刑務所に入れられています。
東京高裁は、本年3月30日、第二次再審請求を棄却しました。これに対して、東京高裁第12刑事部に異議を申し立てています。
星野さんは1971年11月14日、「核も基地もない沖縄」という要求を踏みにじる沖縄返還協定に反対してたたかいました。沖縄の怒りと連帯するデモが東京・渋谷で行われ際、重傷を負った機動隊員1名が翌日死亡しました。
デモ隊のリーダーだった星野さんが、その「実行犯」にでっち上げられたのです。
星野さんに「殺人罪」を認定した証拠は、少年3人を含む6人のデモ参加者の「供述調書」だけです。物証は一切ありません。
しかも、6人のうち5人は、裁判で「供述は取調官の誘導で強制された」と証言しました。1人は証言を拒否しました。
にもかかわらず、公判ではこの密室「供述調書」を証拠として採用し、星野さんは「殺人罪」を認定され、無期懲役刑が課されたのです。
星野さんと弁護団は、現場を見ていた民間目撃者の供述調書の証拠開示を求めてきました。
これは、6人の「供述」が検察・警察によって捏造されたものであることを明らかにする重要な証拠です。しかし、検察は拒否し続けています。
再審は、無実の者の救済であり、人権問題です。
国家によって踏みにじられている真実と正義と人権を回復するためのたたかいであり、全民衆の問題です。
検察官には、公権力を行使して収集した証拠を独占する権利はなく、星野さんと全民衆の前にすべての証拠を開示すべきです。
これまで証拠開示によって、多くの冤罪事件で再審無罪がかちとられてきました。
証拠開示によって、星野さんの無実が明らかになると確信します。東京高裁第12刑事と東京高検はすべての証拠を開示せよ。
今年2月、マスカットユニオンは、徳島刑務所包囲行動に決起し、星野さんと獄壁を越えてつながりました。全証拠開示大運動にマスカットユニオンは全力で取り組みます。
星野さんを一日も早く労働者階級の手に取り戻そう。星野再審・釈放!星野さんを奪還しよう。
以上、決議します。 2012年12月16日
労働組合 岡山マスカットユニオン第5回定期大会参加者一同
[PR]
by kenagena38 | 2012-12-17 11:44 | Comments(0)