<   2012年 05月 ( 20 )   > この月の画像一覧

みかんの花

e0246120_1513359.jpg

みかんの花は、この辺では終わっているが、種類が違うのか花が残っている木があった。
[PR]
by kenagena38 | 2012-05-29 15:13 | Comments(0)

すいれん

e0246120_11224820.jpg

睡蓮の花が咲きました。
[PR]
by kenagena38 | 2012-05-26 11:22 | Comments(0)

桐の花

e0246120_15592435.jpg

花が散りかけていた。
[PR]
by kenagena38 | 2012-05-25 15:59 | Comments(0)

星野文昭さんの沖縄闘争へのメッセージ


星野文昭さんの5月沖縄闘争に向けたメッセージです。


   「復帰」40年沖縄闘争へのメッセージ
                      星野文昭(徳島刑務所在監)
 私たちが闘った70年安保・沖縄闘争は、沖縄に基地を集中する72年「返還」によって、戦争へ向かって全土を基地化し、動員するものであることを許さず、未来を開くものでした。この闘いに驚怖した権力の反動が星野無期でした。
 それは、生きることすべてを奪おうとするものでした。これに、人間的誇り、魂をかけて闘い、暁子・全ての労働者人民の団結した力で全てを奪い返す闘いへ転化してきました
 全世界で資本が労働者人民から悪どく搾取・収奪し、それによって巨大な過剰資本を生み、大恐慌・大失業・生活破壊を引き起し、その乗り切りをかけた財政投入・金融緩和は、巨大な財政危機・国債危機を生んで、それでも利潤をむさぼり延命するために、資本・国家間の争闘を激化させ、貿易・為替戦争、勢力圏をめぐる侵略・戦争を激化させています。 このことが労組・団結を破壊して、民営化・外注化を中心とするリストラ・首切り・賃下げ、大増税、福祉・生活破壊、貧困・飢餓、侵略・戦争−原発・核を全世界の労働者人民に強制する新自由主義が、原発事故に凝縮しているように、全世界の労働者人民の生命さえおびやかすものになっています。
 今こそ、全世界の労働者人民が、民族・国境はじめあらゆる分断を乗り越えて、この生命より金の新自由主義−資本主義・帝国主義と闘い、一つに団結し、その団結した力でこれを打倒し、全てを労働者人民の手に奪い返し、労働者人民が社会の主人公となってその人間的な共同性・力の全てを解き放って、誰もが人間らしく生きられる社会を実現していくことによってだけ、私たちの人間的な未来があります。そして、全世界の労働者人民はその力をもっています。不屈に闘うことによって、その力を手にすることができます。
 闘うアジア人民と連帯した71年沖縄・安保闘争に立ちあがり、それへの報復としての無期、無実を百も承知の無期にも、暁子・全ての労働者人民と心を一つに不屈に闘うことによって、その世界革命による人間解放の闘いを一つに闘っています。そのような星野再審・解放をかちとる星野闘争が、2・5闘争から3・11、18、25と一つに大きく発展していることを傷つけようと、一から十まで白を黒とするペテンを恥じない再審請求棄却決定を強行してきました。
 この恥知らずなあがきを、さらに圧倒的な、無実には再審・釈放をの声と力で打ち砕き、再審・解放をかちとり、そのことをバネに、全世界の労働者人民の暴虐・理不尽からの解放をかちとりましょう。
「復帰」40年。基地によって生きることを奪うことと闘う沖縄の闘いは、国鉄・フクシマはじめ、生きることそのものを奪う新自由主義との闘いと一つに、沖縄と全ての労働者人民の誇りと未来をかけた闘いです。分断を乗り越え、一つに団結して勝利しよう。
私たちは、国鉄−民営化、外注化・非正規化、原発・核、沖縄、三里塚、八尾北・西郡、入管・国際連帯を一つに闘っています。あらゆる分断を乗り越えて、星野奪還を誰もが人間らしく生きられる社会を実現する闘いと一つに闘う、あらゆる攻撃との闘いを、誰もが人間らしく生きられる社会を実現するための闘いと一つに闘うことです。
 労働者人民こそが、資本・権力のあらゆる攻撃と闘うことの中で全てを奪い返していく、生活・地域、全世界で団結し、補い合い力を合わせて、誰もが人間らしく生きられる社会を実現していく、そのことの人間的豊かさ、味わい深さ、そのことが何より大切であり、生き、未来を開いていく力だと、今、実感しています。
 
 星野解放へ、沖縄と全ての労働者人民の解放へ、共に闘い、勝利しよう。



---
なお、投稿者は本メールの送信者欄に表示されている方です。
[PR]
by kenagena38 | 2012-05-24 16:57 | Comments(0)

「ミサイル」というのは政治宣伝

北朝鮮人工衛星への迎撃態勢反対で情宣
岡山マスカットユニオン物理重久さんの投稿から引用しました。
とめよう戦争への道!百万人署名運動・岡山県連絡会は4月8日と12日、岡山駅前で北朝鮮の人工衛星迎撃=破壊措置命令に反対する街頭宣伝を行った。
12日には新聞、テレビ局が取材にきたが、反戦運動をつぶすために警察権力が介入してきた。許せない!
今回の人工衛星打ち上げは、2・29米朝合意の際に北朝鮮側が通告していたことであり、その場では米側も問題にしていなかったのに、米日が後から政治問題化させたのだ。
国際法では人工衛星の打ち上げはどの国にも認められている。
「ミサイル」と言うのであれば、これまで日本が行った数多くの人工衛星打ち上げも、すべてミサイル発射になる。
北朝鮮のものは「ミサイル」で、日本のものは「人工衛星」だというのは二枚舌だ。
軍事技術と一体のロケット、宇宙開発に反対というのなら、まず「自」国=日本(や米国)こそ放棄するべきだ。
「国連安保理決議違反だ」と日米両政府は北朝鮮を非難しているが、4月19日、核実験を居直り核不拡散条約にも入ってないインドが核弾頭搭載可能な弾道ミサイルの発射をしても、安保理からはおとがめなしではないか!
労働者人民にとって本当の「脅威」とは、今も収束していない原発事故の放射能漏れ、沖縄の米軍基地による被害、軍事費のための消費大増税、非正規職化、大失業だ。
人工衛星騒動で民衆の目をそらしつつ、野田政権は大飯原発を再稼働させようとしている。反原発闘争、労働運動と一体で反戦運動の再建をかちとろう!
[PR]
by kenagena38 | 2012-05-22 20:31 | Comments(0)

れんげ畑(5/20)

e0246120_2359393.jpg

まだ残っていた。
[PR]
by kenagena38 | 2012-05-21 23:59 | Comments(0)

序局 新自由主義と対決する総合雑誌 第2号でました。

e0246120_23471310.jpg

放射能から命を守る闘い
沖縄の労働者は何を目指すか
[PR]
by kenagena38 | 2012-05-21 23:47 | Comments(0)

5・13さよなら原発つやま緊急反核デモに参加しました。

e0246120_2301543.jpg

福島からバンドをやっている人が来ていて、がんばっている人に会いました。
地元の人、避難して来た人、京都から、大阪から、…デモに参加し、星野ビラまきもやりました。
署名も積極的に話かけられ、やってくれました。
[PR]
by kenagena38 | 2012-05-17 23:00 | Comments(0)

5/17に岡山で学習会と街宣をやりました。

e0246120_0261992.jpg

e0246120_0263577.jpg

e0246120_2121474.jpg

学習会は、6人で「星野再審ニュースを読む会」を、きらめきプラザで開きました。(14:00から15:30)
再審闘争と大衆運動に追い詰められたあげくの脆弱な内容しか無いことが暴かれた3・30棄却決定は、証拠開示を求める全人民的な大運動で、打ち破れるし、星野さんを必ず取り戻せるという確信を得ました。
岡山駅前で、16:00から街宣を5人でやりました。
風が強く、条件はよくなかったが、署名は1時間で、11筆でした。 岡山
[PR]
by kenagena38 | 2012-05-17 21:02 | にんげんの活動報告 | Comments(0)

「可視化は不可欠」

e0246120_0301738.jpg

甲山(かぶとやま)事件冤罪被害者
山田さん講演
さん太ホール
山陽新聞5/13日付け
[PR]
by kenagena38 | 2012-05-16 09:46 | Comments(1)