<   2011年 10月 ( 23 )   > この月の画像一覧

沖縄の米軍基地反対に立ち上がった星野さん

1971年11月14日、ベトナム戦争のさなか、文昭は沖縄返還協定批准に反対する東京渋谷のデモに参加しました。
米軍基地を再編強化することによって、日本の戦争体制を強化し、沖縄にさらに犠牲を強いる内容だったのです。
核まで持ち運ばれる密約があったことが、明らかにされています。
機動隊が一名死亡したことで、リーダーのひとりだった文昭に殺人罪がデッチあげられました。
星野カレンダーから…星野暁子さんの訴え
[PR]
by kenagena38 | 2011-10-31 09:50 | 販売コーナー | Comments(0)

☆このカレンダーを手にしたあなたに

星野暁子

星野文昭は獄中38年目を徳島刑務所で迎えます。
今年(2012年)66歳。2011年9月17日、私たちは結婚25周年を迎えました。無期刑と対峙し、多くの困難を乗り越える中で、奪われたものを一つ一つ奪い返しながら、一緒に生きることができていることを幸せに思います。
加齢の問題、刑務所による獄中弾圧がある中で、文昭は今年、以前にも増して充実した12枚の絵を仕上げました。生きることを謳歌する文昭の絵が、誰かを勇気づけたり、多くの感動と出会いを作り出してくれることを願っています。
フクシマの原発事故・宮城をはじめとする被災地の苦しみと怒りの中から、生きることを取り戻して立ち上がる人たちと、どこまでも連帯します。
時代は、変わりつつあります。反原発を中心に、世の中を変えようとする労働者・市民と共に立ち上がる中に、政治犯である文昭の解放もあります。
無実なのに獄中37年
星野文昭さんを
自由に!
FumiAkiko Calendar 2012…から引用
[PR]
by kenagena38 | 2011-10-31 03:10 | 販売コーナー | Comments(0)

星野カレンダーが来ました。

宅急便の不在通知が入ってなかったため、8日も手元に届くのが遅れた。
カレンダーは、暁子さんが、言ってるように今まで、一番いい出来です。 友人にもすすめて下さい。
[PR]
by kenagena38 | 2011-10-29 12:38 | 販売コーナー | Comments(0)

「原発いらない福島の女たち」座り

「原発いらない福島の女たち」座り込み!
子どもを守れ!すべての原発いますぐなくそう!労働組合の力で再稼働阻止!11・6日比谷に集まろう
10月27日、「ついに女たちは立ち上がり、そして座り込む!原発いらない福島の女たち100人の座り込み」が東京・霞が関の経済産業省前で始まりました。座り込み行動の初日の参加者は1千人を越えました。
女性たちは、座り込み開始とともに、力強く訴えています。
:「子どもたちを放射能から守る福島ネットワーク」佐藤幸子さん
:ハイロアクション武藤類子さん
:呼びかけ人佐々木慶子さん
生きぬくために闘う!東日本大震災救援対策本部のブログから…救援本部ニュース第178号から
「原発を廃炉に」届け!女性の声
「経済より命」子どもたち守りたい
福島在住者ら経産省前座り込み
[PR]
by kenagena38 | 2011-10-29 08:03 | ビラ | Comments(0)

10月徳島面会報告

10月徳島面会報告、お送りします。

                星野暁子 


           10月徳島面会日記

                            星 野 暁 子 



 15日に私に届くはずの文昭からの手紙が届いたのは、18日、面会直前だった。また懲罰になっているのではないかと心配したが、字数オーバーで書き直しをさせられたのだという。こんなことは、本当に久しぶりだった。

 19日、いい天気だった。文昭は、うれしそうな顔ででてきた。「進級できなかったのは、残念だったね。面会回数を増やさないために、指導票を乱発しているという感じだね」と私は言った。10月の見直しで、文昭は3類に復帰することができなかったのだ。文昭は「今までは、指導票でCがでても、それは

注意ぐらいの意味で処遇とは関係ないと看守から聞いていたから、C評価がでても気にしないでいたんだ。それが一ヶ月にCが2つになると、D評価として数える。この半年の間にDが2つあるという理由で進級しないことになった。これからは、C評価にもならないように気を配っていかなきゃならない」と言った。洗面器を所定のところに置かなかったことでC評価、新聞を読みながら、

吹き出物に薬を塗っていたのが、衣服の乱れということでC評価。この2つでD評価にされたのだ。なんともやりきれない思いになる。このことを、来月面会予定のスティーブ・ゼルツァー氏に伝えたら、「日本の刑務所はクレージーだ」と言っていらしたそうだ。

 徳島弁護士会の人権擁護委員会による友人面会の制限・手紙の黒塗りについての調査が、ちょうど私との面会直前に終わったそうで「再審をやるうえで、友人面会が生命線であること、暁子の手紙だけ黒塗りされているので、やめる

ように取り組んでほしいと強く言ってきた」と文昭。

 暦があると差し入れができないため、特別に作った絵と詩だけのカレンダーを見せながら、会話がはずんだ。「いいのが出来た」と文昭は、満足げだった。

「暁子は、詩が書けないと気にしているけど、暁子の詩は、僕らの到達しているところを描いているから、いい詩なんだ」と言った。

 21日、誉夫さんと新潟の五来静枝さんと一緒に面会を申し込んだが、五来さんは面会できなかった。処遇第一統括が「所長決済を得ますから」と聞きに行ったうえでの決定だった。やむなく、誉夫さんと二人で面会をした。

 「ちょうど今年が、処遇の見直しの年。それを考えて、監査官に対する申し立てを8月にしたんだ」と文昭。「自分をねらっているということは、もちろんあるけど、徳島刑務所を元の徳島刑務所に戻してやると豪語している刑務官もいる」と話した。

 健康問題についても、話した。血圧が150あるので、降圧剤を飲むという東京の医者からのアドバイスについては、いったん飲むことにすると、合わない場合でも変えられないので、飲むことは、慎重にしたいと言っていた。

 狩野満男さん、裕子さんの次女のハッピィーちゃんが亡くなったことについて、文昭はまるで直接ずっと知っている人のように、たくさんのことを手紙に書いてきている。満男さん、裕子さんに「頑張ってほしい」と言っていた。

 面会後、構内に3人しか入れないというので、私がいったん外に出て、書面を準備してきた新潟の上原敏子さん、五来さん、誉夫さんが申し入れを行った。
[PR]
by kenagena38 | 2011-10-26 23:27 | メールの紹介 | Comments(0)

徳島刑務所へ申し入れ

星野メーリングから転送します。
事務局の金山克巳です。
11月8日、スティーブ・ゼルツァーさんと鳥居和美さんが徳島を訪れ、星野文昭さんとの面会を申請します。
本日、再審弁護団の申し入れを送りました。
各地の会から、徳島刑務所に面会を認めるよう申し入れ、要請、請願等を送ってください。

申 し 入 れ
      2011年10月26日
    徳島刑務所長 松本忠良 殿
星野文昭再審弁護団
団長 弁護士   鈴木達夫
同   和久田修
同(主任) 岩井 信
同     藤田城治
連絡先
東京都港区虎ノ門5−1−5
                  虎ノ門45MTビル5階
                  東京神谷町綜合法律事務所
              岩井信

来る11月8日、貴刑務所に収容中の星野文昭氏に、アメリカ・サンフランシスコ在住のスティーブ・ゼルツァー氏と妻の鳥居和美氏が面会を申請する。当弁護団は、その面会を許可するよう申し入れる。
 両氏は、毎年11月に東京で開かれる労働者集会に参加するために来日した際、星野文昭氏の闘いを知り、深い感銘を受けた。その後、サンフランシスコにおいて星野文昭氏の救援運動に取り組んで、星野暁子氏とも交流を続けている。スティーブ・ゼルツァー氏はジャーナリストであり、運輸労働者連帯委員会として活動している。『レイバー・フェスタ』も主宰している。
 両氏は、7月、星野暁子氏を始めとする星野再審運動がサンフランシスコを訪問するために尽力し、同地に滞在中、訪問団はひとかたならぬお世話になった。
 両氏は、11月に来日するに当たって、徳島を訪れ、星野文昭氏と面会することを強く望んでいる。すでに星野文昭氏に手紙やハガキを送り、その旨を伝え、星野文昭氏も強く面会を望んでいる。
 近年、全国の刑務所において受刑者の外部交通を制限する傾向が見られる。これは全く不当なものであって、即刻、改められなければならない。
当弁護団は、スティーブ・ゼルツァー氏と鳥居和美氏が申請する星野文昭氏との面会を許可するよう、ここに申し入れるものである。
                           以上
[PR]
by kenagena38 | 2011-10-26 18:09 | メールの紹介 | Comments(0)

・福島からのアピール

子どもたちを放射能から守れ!許すな原発再稼働!
震災解雇・非正規雇用化反対!
11・6全国労働者総決起集会を成功させ、全国のたたかう労働者の団結で、ただちに原発を止めよう!
9月19日、明治公園は「原発を今すぐなくせ!」という思いで集まった6万人もの人々であふれました。福島県内からは、1千人の隊列となってひとつに合流し、全体の先頭に立ちました。子どもたちを放射能から守る福島ネットワークの用意した「怒」のノボリ旗の下、初めてデモに参加したたくさんの母親、父親たち。全県から170名の結集を実現した福島県教組。「子どもの命を守れ」という、いてもたってもいられない思いが、これまでの労働組合や政党の枠組みを越えて、一人一人の深い深い怒りをあらわした6万人という大きな力となったのです。
野田新政権は、このフクシマの怒りに恐怖し、「事故の収束」と「復興」を必死にキャンペーンし、あくまで原発再稼働を狙っています。9月30日には、「事故の収束」と「安全」を装うために、福島原発から20キロ〜30キロ圏の緊急時避難準備区域の解除だけが行われました。
私たちは、こうした動きに危機感をもち、9・19の6万人の力をさらに大きく拡大していく立場から、11月6日に日比谷野外音楽堂で開催される「反原発・反失業 11・6全国労働者総決起集会」への、結集をよびかけるものです。
それは、全国の労働組合が団結して政府と闘えば、原発は止められるし、放射能汚染から子どもたちを守ることも、労働者、農漁民、市民の生活を守ることもできるからです。
常磐線の広野駅までの運転再開と放射能に汚染された車両の検修を拒否して、地元いわき市に支部があるJRの労働組合・動労水戸がストライキに決起しました。労働組合が、労働者の命、地域住民の命を守るためにストライキで闘っています。動労千葉は、ストライキで職場の外注化を阻止しています。それは大資本優先、労働者切り捨ての社会を労働組合の力で変革する闘いです。
3月11日の震災以降、被災地でも団結して生きることの大切さを本当に痛感しています。農林漁業者も、市民も学生も一緒になって、再稼働阻止!すべての原発をいますぐ止めよう!すべての原発を廃炉にしよう! と共に闘いましょう。
現在の「労働運動不在」とも言えるような状況や、失業と膨大な非正規職化は、1987年の国鉄(現JR)分割・民営化から始まっています。「新自由主義」といわれる政策のもと、解雇撤回を闘う労働組合が弾圧され、地方や農業が切り捨てられるとともに、非正規労働者による被曝労働抜きには一日も成り立たない原発が大量に増設されていったのもこの頃からです。「社会を変えなくてはならない。そのためには労働組合が変わらなくてはならない」。9・19に集まった多くの労働者の思いです。今がそのチャンスです。自分たちの行動で未来を選択するために、あらゆる立場の違いを越えて、広く広く闘いをつなげましょう!
清野和彦(福島県教組元執行委員長)
橋本光一(国労郡山工場支部書記長)
佐藤幸子(子どもたちを放射能から守る福島ネットワーク世話人)
中手聖一(子どもたちを放射能から守る福島ネットワーク)
鈴木光一郎(酪農家)
市川潤子(ふくしま合同労組委員長)
渡辺馨(福島県労組交流センター代表)
[PR]
by kenagena38 | 2011-10-26 11:12 | ビラ | Comments(0)

岡山駅前で原発街頭投票に参加

e0246120_15192412.jpg

10月23日シールで街頭投票
原発やめる:364
わからない:86
原発続ける:81
13時過ぎから90分での結果です。
[PR]
by kenagena38 | 2011-10-23 19:02 | にんげんの活動報告 | Comments(1)

入田の坂道より…徳島から

星野メーリングからの転送です。
10月21日、新潟から五来さん、上原さん。東京から星野誉夫さん、暁子さんが面会にこられました。ところが、徳島刑務所側は暁子さん、誉夫さんの面会のみしか認めず。遠路きてくださったお二人の面会を禁止しました。

それでも、腹の据わったお二人は、ごらんのとおりに街頭宣伝で大活躍。11・6に向けた国鉄全国運動徳島集会でも、力強い発言をしていただきました。本当にいい出会いがあり、絆が深まりました。千葉から、解雇撤回の物資販売のオルグにこられていた滝口さんとも、大いに交流しました。
[PR]
by kenagena38 | 2011-10-23 08:17 | メールの紹介 | Comments(1)

手書き請願書をFAXしました。

請願を印刷しようとしたらインク切れで、手書きで、請願書を徳島刑務所に送りました。
昨日、滝口さんが、星野さんに差し入れをされました。
その時、今日の面会は、面会そのものを受け付けない?との刑務所の新たな踏み込みがあったのこと。
絶対許せません!!!!!
[PR]
by kenagena38 | 2011-10-21 10:15 | にんげんの活動報告 | Comments(0)