東京オリンピック招致反対 ー(投稿)-

2013年1月8日

東京オリンピック招致評議会会長
東京都知事猪瀬直樹様

東京オリンピックを考える会
ムハンマド イイタカ(連絡先)
郵便番号713-8123
岡山県倉敷市玉島柏島6499-23
電話090-4800-0773
賛同人野田隆三郎
賛同人清水久美子
(労働組合岡山マスカットユニオン執行委員長)

東京オリンピック招致に反対する声明文

新春を迎え心も新たに都民のため、職務に励んでいらっしゃることと存じます。
さて、11月6日付け公開質問状に対し、11月20日付けにて文書回答をいただきました。
東京オリンピックを考える会と賛同人、岡山に避難されている東日本大震災で被災された
方々と協議いたしましたところ、下記の通り意見の一致を見ましたので、
声明文をお送りいたします。

主文

わたくし達は、東京オリンピック招致に反対します。東京は危険なほど老朽化した
インフラに支えられ、地震の脅威にさらされています。
東京は今後急速に高齢化社会となって人口減少に向います。東京は福島などの
原発事故や、横須賀を母港とする原子力空母、原子力潜水艦など動く原子炉の事故発生
の危険にさらされています。

反対の理由
11月20日付け回答文、以下[ ]内を回答文からの引用とします。

[日本の閉塞感を打破]とありますが、
これは歴代政権の誤った政策によるものであって、東京オリンピックを開催する事
くらいで打破出来るものではありません。

[若者に夢や希望、感動を与え]とありますが、
若者の(中高年者を含め)夢や希望を奪っているのは、新自由主義であり、非正規化
による低賃金、不安定雇用の増加によるものであります。大多数の国民は、貧困に
喘ぎ苦しんでいます。夢や希望を奪われた人々が毎年3万人、国や経済界への最後
の抗議として自らの命を絶っています。
東京が日本で最も多くの自殺者を出しているとの報道を聞きました。根本的な対策な
しにオリンピックを開催しても効果はありません。

[感動]は、一時的なものでしかありません。
[日本全体に大きな経済効果]と
、おっしゃいますが、約3兆円とされる経済効果もロンドンオリンピックで明らかになった
ように限定的効果に過ぎません。大手ゼネコンが儲かるだけで、現場で働く人々の暮ら
しは楽になりません。

[震災からの復興]
のためにするべきは、オリンピック招致ではなく被災された方々への直接的支援です。
福島民報は11月7日投稿欄で『安眠の場失い生き地獄のよう』との声を掲載しました。
多くの方々が仮設住宅や避難先で、2度目の冬を迎え苦しんでいます。

[被災地からの要望]とありますが、
岡山県には福島県、宮城県、岩手県、千葉県、東京都から避難してこられた方々がいらっしゃ
いますが、そのような要望をしたという話しは聞きません。

[都民からの意見]ですが、
国際オリンピック委員会の世論調査では賛成47%反対23%で、マドリード78%イスタンブール
73%に比べ最下位です。2012年11月7日付け朝日新聞投稿欄では、『東京都は生活重視の
広報誌を』の題で東京都の広報誌4月号、7月号、10月号の最も目立っページにオリンピック
招致の記事が多色刷りで繰り返し掲載された事への批判の声が寄せられています。

[都市インフラ]は、
危険なまでに老朽化し、早急な抜本的対策を必要としています。高速道路、新幹線、山手線など
は基礎部分からの崩壊が懸念されています。1995年1月17日阪神大震災においては、鉄道橋
の崩落、盛り土の液状化のため駅舎が線路ごと崩壊しました。鉄道史に残る大惨事となった、
三河島事故を上回る大事故が、東京の複数箇所で同時に発生することを恐れます。
1967年8月新宿駅でガソリンを積んだ貨車が、炎上したこともありました。
また、阪神高速は、約600メートルにわたって横倒しになりました。ラッシュの時間帯は高速道路
も、併走する一般道路も、車が渋滞しています。もし、5時47分以外の時間帯に地震が発生して
いたら、押しつぶされた、多くの車のガソリンタンクが次々に爆発炎上し、ミッドウェー海戦の日本
空母のように、てのつけられない大火災になっていたかも知れません。
首都高速も同様に危険です。地下鉄銀座線、丸の内線は、第3軌条があります。
(線路のそばにある600ボルトの電気系統) 万一の場合、大変危険です。

[建物の耐震化]によって、
倒壊しにくい建物は出来るかもしれませんが、天井材や照明器具の落下、給排水パイプの
破損があれば、トイレで流した水が下の階に降ります。窓ガラスの室内・外への飛散。
三菱重工爆破事件では爆風で飛散したガラスで多数の負傷者が出ました。

[地震にともなう津波に備えるため、防潮堤の設置や盛り土を行います]
津波は海水が押し寄せるだけではありません。津波に襲われ倒壊した家が、隣りの家を破壊
します。流された車が、他の車を襲います。東京湾の木場では、丸太を浮かべています。貨物
船、タンカー、漁船、プレジャーボート、日米の艦艇など無数の船舶が湾内にいます。津波は、
これらを巻き込んで襲来します。東日本大震災で民宿の屋根に残された船や陸上で横倒しに
なった船を見たはずです。

[競技場を整備する]
新国立競技場は1300億円以上の費用を要すると報道されていますが、建設費の算定根拠や
東京都の負担額も不透明であり、ユニークなデザインの競技場は、前衛性のため実作が少ない
建築家の設計であり、難工事が予想されます。現在の競技場解体費は含ないため、出費はさら
にかさみます。維持管理費も毎年数億円以上の赤字が予想され、人口の減少にともない利用率
は低下し、赤字はさらに膨らむでしょう。都市計画の変更や、隣接地の都営住宅の取り壊しも必
要になります。
たかが、オリンピックのために都民を追い出していいのでしょうか?
石原都政は弱者に冷たい政治でした。新宿駅から都庁への地下道には、竹を斜めに切ったよう
なシュールな物体があります。ホームレスの方々が体を横たえるスペースをも、奪う物です。
多くの都民は、帰宅困難者となった時、いかに多くの物を奪われていたかを知るでしょう。

[臨海部の選手村や競技会場]は、
2012年10月18日付け山陽新聞に、ゴミと残土で造成された埋め立て地という記事がありました。
液状化、不同沈下、津波などにより、避難は、困難を、極めるでしょう。
なぜ、危険な場所にそのような施設を建設しなければならないのでしょうか?

[ハード・ソフト面ともに万全な震災対策]を
こうじることは、これまで申し上げてきたように不可能です。

[安全な大会運営]は、
無理です。 失敗した、 [前回招致]の際には149億円以上の招致活動費、今回は75億円以上
の出費をなさっています。今更、中止はできないとお考えでしょうが、世界中からやってくる人々
の安全を守り、都民の命を守るために、オリンピック招致活動から撤退する勇気も必要です。
歴史に残る英断と評価されるでしょう。
ニューヨークでは、ハリケーン接近の際に避難指示を出し、地下鉄、地下道路は水没し
ましたが、人的被害を最小限に食い止めました。マラソン大会も中止されました。
日本で最近、冬山での遭難が相次いでいます。危険を避けるために、計画を中止し、引き返す
勇気が必要です。
東京オリンピック招致活動からの撤退の決断を求めます。
以上
[PR]
by kenagena38 | 2013-01-14 20:32 | Comments(0)
<< 星のそば 五目そばとギョーザ >>